豚タンの魅力とは?下処理方法やおススメレシピなど美味しく食べるポイントをご紹介!

このサイトでは、豚タンについて紹介をしていきます。
昨今では注目される食材となりました。
以前は食用にはなっていなかったので養豚場などでは廃棄をされていましたが、この部位には魅力的なミネラルやタンパク質が豊富にふくまれていることがわかり、若い世代を中心に食べられるようになったわけです。
どのような食べ物になるのか、その調理法は一体どのようなものかについて述べていきましょう。
これから食べる方の参考になれば幸いです。

豚タンの魅力とは?下処理方法やおススメレシピなど美味しく食べるポイントをご紹介!

豚タンの魅力はお値段のやすさはもちろんのこと、豊富な栄養素を含んでいることです。
豚タンはいまではスーパーでも販売をされており、しっかりと下処理をした状態で手に入れることも可能です。
下処理は茹でるだけなので、自宅でも簡単におこなうことが可能です。
おすすめのレシピはステーキとシチューで、前者であればフライパンでこんがりと焼くのみで食卓に出すことができます。
シチューも角切りにして鍋に入れるだけという簡単なものです。

豚タンの魅力とは?牛タンとの違いは?

同じタンでも、豚タンと牛タンでは様々な違いがあり、豚タンならではの魅力も多く存在します。
まず味の違いとしては、豚タンは脂肪分が少ないのでコクや濃厚さは少ないものの、くどさがなくさっぱりとしているのが特徴です。
脂肪分が少なければカロリーも低いため、ダイエット中にも気兼ねなく食べることができます。
また、豚タンは肉質が柔らかいのが特徴で、どの部分でも味や食感にあまり差がないと言われています。
牛が同じ舌でも部位によって脂肪分や固さが変わるのに比べると、どの部分も同じように美味しく食べることができます。
もちろん、ただ柔らかいだけでなく、タンのもつコリコリとした独特の食感も楽しめます。
比較的リーズナブルな価格なのも特徴で、値段を気にせず食べたい時にも向いています。
基本的に牛タンが使われる料理に利用できますので、焼肉など定番の食べ方はもちろん、シチューや煮込み料理に使えば柔らかくとろけるような食感に仕上がります。

豚タンに含まれる主な栄養素を知っておこう!

豚肉はタンパク質が豊富なことで知られていますが、豚タンには100gあたり約15.9gのタンパク質が含まれています。
タンパク質は筋肉の材料となる重要な栄養素で、摂取することで筋肉量の増加による基礎代謝の向上が期待できます。
また、豚タンはタンパク質だけでなく、ビタミンB1・ビタミンB2・亜鉛・ナイアシン・ビタミンDなども豊富です。
ビタミンB1は、糖質の代謝をサポートするビタミンで、皮膚や粘膜を保護したり脳神経を正常に維持したりする役割を担っています。
ビタミンB2は、脂質や糖質、タンパク質の代謝に関わる補酵素として働くビタミンで、太りにくい体質づくりに効果的です。
亜鉛は、人間の生命活動に不可欠な必須ミネラルの一種で、抗酸化作用を有するビタミンAの活性化に役立ちます。
ナイアシンは、ビタミンB郡の一種で、皮膚や粘膜の健康に保ったり脳神経を正常に働かせる効果があります。
ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進してくれるとともに、免疫力も高めてくれます。
このように、豚タンには健康維持に効果的な様々な栄養素が含まれていますが、脂質も比較的多いため食べ過ぎには注意しましょう。

豚タンを食べることで期待できる効果・効能とは?

焼肉といえば牛タンを思い浮かべますが、店頭で並んでいることが多いのは豚タンになります。
豚タンは牛タンにはない独特な味と食感が特徴で、さらに低脂肪なためダイエットにも適しているといわれています。
豚タンは低脂肪ですが、豚肉の中では若干高めです。
牛と比較した場合は低脂肪となるため、タンが食べたい場合は牛よりも豚を選んだ方が良いです。
効果に関しては、ダイエットに必要なたんぱく質が豊富に含まれています。
たんぱく質は筋肉を作る、維持する作用に優れており、筋肉を維持することによりエネルギーが分解されやすくなり、代謝が向上していきます。
太りにくく痩せやすい体質に変化するので、食べてもリバウンドを起こしにくく、さらに焼肉を食べたという満足感も得ることができるので、ダイエットを継続させることもできます。
このほかの豚タンは、ビタミンB1が豊富なため糖質の分解を促進させることができます。
特にお昼など活動時間帯や運動後に食べることでより効果を引き出すことが可能です。

豚タンを通販で購入する際に押さえておきたいポイントとは?

豚タンを通販で購入する際には、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。
その1つに挙げられる事は、有名店や専門店が出している通販を利用することです。
これにより自宅でも本格的な豚タンを楽しむことができます。
そして部位の特徴を踏まえた上で購入することも大切です。
一言で牛タンといっても様々な部位があり、大きく4つに分類することができます。
有名店で取り寄せる、味付けや暑さで選ぶことも大切ですが、せっかくならば部位で選ぶことも押さえておきましょう。
タン下やタン中と呼ばれるものは、非常に柔らかく脂が乗っていて食べやすいです。
焼き肉屋でも定番のメニューになっているので、自宅で焼肉をする際などには非常にオススメといえます。
一番歯ごたえがあるのがタン先と呼ばれる部位です。
シチューなどの煮込み料理にも採用されることが多いです。
臭みがありやや癖があるのですが、弾力があり食べ応えのある部位と言えるでしょう。
煮込むことでホロホロになり、口の中でどけるような柔らかさになります。

著者:長倉泰子

筆者プロフィール

岩手県盛岡市生まれ。
豚タンの通信販売をしています。
豚タンに関するお役立ち情報を書いています。
豚タンを通販で